main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ミニとサーフィン



ミニが欲しいんだけど、サーフボード積めるのかな?

こんな不安から、ミニ購入をためらっている人、結構いるんじゃないでしょうか。 そういうぼくも何度か考え、その度あきらめてきました。 しかし今、その疑問にお答えしましょう。 なぜならミニを買ったからです!

ミニと言っても、Newミニの2世代目のクラブマン(R55)限定の情報です。

クラブマンはノーマルミニより240mm全長が伸びているそうで、通常状態でもトランク部分はそれなりの広さがあります。 ちなみにボディサイズは2代目フィットとほぼ同サイズです。

なぜフィット3がある今、比較が2代目なのかというと、フィット3は購入の候補にあがらなかったからです。 まだ中古でも高いですからね。

クラブマンはリヤシートを倒して荷室を広げることができます。 こうすることでショートボードならのせられるというネットの情報を見て、購入を決意したわけです。 実際にのせてみましょう。



荷室、かっこよく言うとラゲッジスペースに斜めに入れてみます。 ボードケースの先っちょが助手席の左に顔を出すぐらいです。 ちなみにボードは5'8のニューフライヤーで、ボードケースは6'3用です。 



荷室の長さは十分確保できたのですが、荷室後部左右にサスペンションのためとおぼしきふくらみが大きく張り出しているためにきっちりおさまらないのです。

これが初代フィットだと、すんなりのります。 フィット3がある今なぜ初代フィットかと言うと、サーフィンを始めたころに初代フィットをもっていたからです。 そのフィットは湘南移住を機に売り飛ばしたのです。 3万8000円でしたが。

車がなくても海には自転車で行けるし、休みの日のこのあたりの渋滞にうんざりすることもありません。 ちょっとした移動はバイクでいくので、ガチガチに混んでる七里ガ浜横の134号だってスイスイです。

そうは言っても車が無いのも不便はあります。 ゴルフに行っても会社のきたない車を車寄せにつけると、「業者は裏にまわって!」って言われます。

嘘ですが。


話しがずいぶんそれました。 

今回の遠征ではゴルフもやるので、キャディバッグを2つのせます。 この状態で後ろを振り返って見ると… 



後ろが見えない!

後ろが見えない不便さや危険さもさることながら、閉塞感が半端ありません。 これはダメです。

そこでキャディバッグの間のはさむようにボードケースをのせます。 運転席のシートから6インチほどはみ出ています。 これはジャマかもしれない。 運転席に座って確認してみましょう。

肩から腕にボードケースがあたっています。 でも悪くない。 いい風にとらえれば包まれている感覚です。 これでいってみましょう。

と以上がミニ(クラブマン)の車内にサーフボードを積むとどんな感じになるかの報告です。 6フィートぐらいのボードなら、ちょこっとはみ出してくる程度です。

上に積むとこんな感じになります。 



実は事前のチェックで運転席へのはみ出し具合が気になり、ルーフキャリアを買っていたのです。 ところが当日雨が降ってしまい、ボードケースをびしょびしょにするのもいやなので、車内にのせたというわけです。

このルーフキャリアはBMW純正品です。 すでに生産していないR55クラブマンですが、まだ純正品の新品が買えたのでよかったです。 専用だけにすっきりとしたデザインがお気に入りです。


今日の逸品はこれ


 


他のサーファーブログはこちら







御宿へ行こう その3


御宿へ来て4日目、サヤンテラスに来て3日目の朝です。 今日は海に入る予定ではなかったのですが、前日波に乗れなかったのと、昨日までの強烈なオンショアが夜のうちにゆるいオフショアに変わったようなので、ひとり早起きです。

4時20分にアラームで目を覚ましました。 カーテンを少しだけ開けて海の状態を確認します。 まだ暗く、東の山の向こうの空がうっすらとオレンジ色に染まって、濃いブルーの空と溶けあっています。 



あれ? 小さくなり過ぎか? まあ上から見ると波は小さく見えるからね。 ちょっと早く起きすぎたかなぁ まだ暗いんだなぁ 

もう少し寝よっかなぁ なんてこともよぎりながら、ゆったり準備を始めます。 まだウェットが乾ききっていないので足が通しづらい。

ダラダラしてたらみるみる外は明るくなっていました。 すでに遅刻感すら漂っています。 嫁も起き出してきました。 行ってきます!

テラスにいたホテルのスタッフと朝のあいさつをかわしてビーチに出ます。 やはり上から見るのとは大違い。 肩セット頭です。 よさそうなところをめざして海に入ります。

波のサイズは昨日と同じぐらいですが、数が少ないおかげで苦労することなく沖に到着しました。 見渡す限り誰もいません。 贅沢な海です。 湘南だったらこれだけのサイズがあれば、平日のこの時間でもわんさかいます。

このへんでは、この程度の波はあわてて入ることもないのかもしれません。 強風のなごりで、面は小さくガタガタしてるし、基本的に速い波です。

おかげで乗れそうで乗れません。 テイクオフしかけたところで一気に崩れる波からよけることを繰り返します。 スイスイ横に滑っていくイメージをふくらますだけふくらましてきただけに、少々あせりすら感じてきました。

そんな時にようやくテイクオフに成功しました。 ただしなかばブレイクした波に押し出されるように乗ったので、バランスが崩れ気味です。 

崩れながらも左に滑り降り、ボトムで軽くターン。 波に戻ったところで強制的に返されるように、また波を降りていきます。 自分の意思でコントロールしている感が希薄です。 そのあとはなにもできずなに起こらず、モシャモシャのスープに呑み込まれました。

アワアワの海面から顔を出してサヤンテラスの自分の部屋を見ると、ちょうど部屋の奥から嫁が窓辺にやってきました。 ということは今のは見てないんだな。 ボードを沖に向けてさびしく戻ります。

今のでそこそこの距離は移動したようで、堤防にぐっと近づいていました。 テトラポットに打ちつけて砕ける波に怖さを覚えます。 離れましょう。 御宿海岸の中央方向へ移動します。

目印のブイまできてひと安心。 ボードにまたがって波を選びます。 きました。 ちょっとワイドっぽい気がしますがいってみましょう。 盛り上がりせまる波をちらちら観察しながらパドル。 持ち上げられて押し出されます。

今度はうまく立ち上がれましたが、進みかけたグーフィー方向がブレイクしてきます。 これはいかんとそこから右へターン。 ひざを落として顎をあげて見上げた波が向こうからも崩れてきます。 仕方ないのと、これ以上なにかする技もなぃので波の向こう側へダイブ。 


もう少し中央よりがいいのかな? そう考えてさらに中央方向へ移動しました。 ふと気づくとブイよりずいぶん沖に出ています。 移動の途中でカレントにのったのかもしれません。 

「やばい 嫁が見ている前で、このまま流されていくのか?」

海で感じる久しぶりの恐怖感です。 戻ろう戻ろうブイのレベルまで戻ろう。 あわてずゆったりパドルします。 沖に流された時の戻りほど進みが遅く感じることはありません。 大きい波こないかなぁ 後ろをちらちら確認しますが、割れるほどの波は来ません。

それでもどうにかブイのレベルまで戻ってくることができました。 ふぅー疲れた サヤンテラスの窓を見ると、嫁がなにも知らずにこっちを見ているように見えます。 よかったね だんなが流されなくて


海に入って1時間以上たっています。 

そろそろ帰らなくちゃ朝食の時間だよなぁ でもまだ2回しか乗れてないよ 

そんなことを考えている時にちょっとタルそうな波が入ってきました。 乗れたらロングライドできそうです。 タプっとした感じで盛り上がったタイミングでボードが押し出される感触を得ました。 まだ完全とは言えませんがこれは最後の大チャンス!

無理矢理立ち上がろうと両肘を伸ばして足を引き込もうかとしたところで、ボードに勢いがなく左にぐにっとバランスをくずして水没してしまいました。 うわーヽ(´Д`;)ノなんてアホなことを

とその瞬間の動画がこれ



やはりたるいですが、左に大分いけそうな波でした。 きっちり2分は自分を罵ります。

その数分後。 もう本当に帰らなくちゃと思っているところでテイクオフ成功です。 ザバザバ崩れてくる波から逃れようとするも行く手もブレイク。 

雪崩のような白波が重たく足を絡めとり、ぼくを海中へと引きずり込むのでした。











 



他のサーファーブログはこちら







御宿へ行こう その2



御宿遠征2日目は、春の嵐でした。

東京は最高気温が10度に届かないとか。 こちら御宿でも13度程度です。 オンショアが強く吹きつけ、雨がサヤンテラスの窓を叩いています。 

海を見ていると一人のサーファーがチャレンジを始めました。 押し寄せる波々をかぶる度に大きく浜へ戻されています。 海に入って2〜3分。 いや1〜2分で上がってきました。 そのまま駐車場の方へ戻っていきます。

いくらなんでもあきらめるのが早くないですか? 着替える手間を考えたら、せめて20分はがんばってもよいのではないでしょうか? まあ、なにかあったのかもしれません。

しばらくするとまた一人入っていました。 今度の人はちょっと沖まで行けています。 おっ テイクオフ! ぐしゃぐしゃの波につぶされてすぐに水没です。 沖を一瞥して上がってきます。 ああこの人も諦めちゃうのね。

ところがこの人、駐車場ではなく堤防の方へ歩いていきます。 そしてそのままもう1度海へ。 堤防にそって沖へパドルしていきます。 きっとそこがカレントなのでしょう。 ただ上から見ている限り、テトラポットに叩きつけられそうで怖いです。 あれは真似できない。 

その人はゲットに成功して、ぐしゃぐしゃの波でなんとかショートライドを繰り返していました。


午後、風雨はさらに強さを増して、波もそのサイズを大きくしてきました。 風はオンショアのままですが、なんとなくショルダーの張った波も見受けられます。 よし! 行ってみよう!

堤防の横ではない場所で、カレントらしきところを探して海に入ります。 歩けるところまで歩いて行きます。 そこからセットの通過を待って、一気に沖へ出るつもりです。

しかーし しかし セットではない普通の波でも、容赦なくぼくの体を浜へ押し戻そうとします。 おっとっと ゆらいだ体を支えようと海底に足をつきさすようにふんばります。

なんとなく波が鎮まったところでパドル開始です。 行ったるぞー

けれども波はすぐさま元気を取り戻し、つかの間の平和は終わりを告げたのです。 1回目のドルフィン。 濁った海水にボードがかすんで見えます。

2回目 3回目 波は次々とやってきます。 まだ元気なので、ひたすらドルフィンを繰り返します。 

いやあ 出られねえなぁ 浜を振り向くと案の定ほとんど進んでいません。 ボードから降りると足がつきました。 1回休憩です。

堤防の方をちらりとも見ますが、やはり怖いのでやめておきましょう。 まわりの潮の流れを観察します。

波に翻弄されている動画です。



藤沢代表として、すぐさま諦めるわけにはいきません。 しかし沖に全く出られません。 結局1時間もがいたのみで二日目の御宿遠征は終わったのでした。


夜には雨も止んで月が出てきました。 風向きも変わりそうですし明日が期待できます。




今回の動画も写真もサヤンテラスからです


 




他のサーファーブログはこちら







御宿へ行こう その1



ぼくが勤めている会社は、4月5月に圧倒的にひまになります。 そんなことから有給はこの時期にいっぱいとれやってことになっているので、休みをとってサーフィン遠征に行くことにしました。

場所は御宿です。 御宿はぼくがサーフィンを始めたきっかけとなった海です。 46歳からのサーフィン第一話 泊まるのはオーシャンビューのサヤンテラスです。 このホテルはビーチに面していて、テラスから出ることができます。 

チェックインの手続きをしていると、フロントの方は以前鵠沼に住んでいらしたというサーファーさんでした。 今は一の宮に移住したそうです。 オリンピックの影響もあるのか、近ごろは千葉の海も結構混んできたそうな。



今回の部屋は5階でした。 窓からは御宿の浜を一望できます。 波は… 残念ながらももぐらいでダラダラしています。 数名海に入っていますが、ほとんどがショートライド。 気分はあがってきませんが、ちょこっと行ってみましょう。



まずは館内を探索して、海への出方や部屋への戻り方を調べることにします。 1度来たことがあるのですが、その時の記憶だと、地下に更衣室やシャワーがあったはずです。

地下に行ってみるとありましたありました。 その更衣室に注意書きがあります。 ボードを持って館内を歩いてはだめとあり、でもここにボードを置いておくこともだめとあります。 どうしましょう? フロントのサーファーさんに訊きに行きましょう。

訊いてみたところ、ウェットで館内は移動してよいと。 ボードは短いなら持って歩いてもよいそうですが、まあケースがあるので入れることにしました。 ビーチからテラスに上がるところにシャワーがあるので、そこで足の砂だけ洗ってから入ってくればよいとのことでした。

どうすればよいのかわかったので部屋に戻って準備をします。 準備をしながらどこに入るか海をにらみます。 いちばんよさそうなところはレギュラーにきれていて、二人がまわしているようです。 あそこにおじゃまするのは遠慮しておきましょう。 

ではどこに? けっこう、この部屋の真ん前が、誰もいませんが右に左にきれている時があっておもしろそうです。 嫁にあそこに入るよと告げて部屋を出ました。

浜へ降りてみると、上から見て思っていた以上に波は大きく、腰ぐらいはあります。 水は? 冷たくないかなぁ 波情報だと水温は湘南よりも温かいとなっていました。 

ほとんど歩いてラインナップと圧倒的に横着です。 ボードにまたがり波を待ちます。 セット以外の波はとうてい乗れそうにありません。

1本目はグーフィーでした。 5階の部屋から見ていた時は、ここはレギュラーがよさそうかなと思いましたが、ついついテイクオフしやすいグーフィー側にポジショニングしてしまいがちです。 ほんの少し滑って波の力がなくなります。

まあこんなもんだろうと思っていた数回後に、やはりグーフィー方向にテイクオフしました。 左の斜面はまだゆるやかです。 アップスンとパンピングの中間のような動きを繰り返して左へ左へと進みます。 

軽くトップターンらしきものを織りまぜながらまだ進みます。 おおこりゃロングライド。 嫁はちゃんと見ていてくれているでしょうか。 インサイドで波がつぶれたスープになってライディング終了。 これは今日のコンディションとしては上々ではないでしょうか。

気分がよくなって沖へ戻っていく途中に、右の堤防の際でスピードにのって滑っている人が視界に入りました。 おっ あんなところにいつのまに。 いる場所のこともあわせて考えると、きっとローカルのうまい人に違いありません。

このあとそこそこ楽しんだ1時間と、なんだかテイクオフしても続かない40分で今日の波乗りを終了としました。 あがってみるとリーシュを外すのに上半身をかがめることすら、いっぱいいっぱいな状態。 なるほどこれではうまく乗れないはずです。 今日はゴルフのラウンド後でしたし、さすがに疲れているのでしょう。

凍えた足首の刺すような痛みに、ちょっと眉をしかめながらサヤンテラスへ戻っていったのでした。

さてこのサヤンテラス。 ウェディングパーティーなども行えるホテルであって、食事もおすすめです。





ただし団体の貸し切りが多いみたいなので、予約できるかはあなたの運次第。

予約できなかった場合はどうするのか? 心配いりません。 サヤンテラスから100mほど離れたところに、鶴乃寿しというお寿司屋さんがあります。 前回の御宿遠征でも今回も行ってきました。 おいしいです。



さらにその半分くらいの距離に、天丸というお好み焼き屋さんもあります。 ここは一度も入ったことがありません。 次回の御宿遠征ではおじゃましてみようと思っています。


朝食はすごくシンプルなバイキングです。 シンプルですがただそれだけではないのがサヤンテラス。 テラスで食べられるのは当然ながら、部屋に持って帰って食べるのもビーチに持って行って食べるのもオッケーです。

御宿遠征を考えたらサヤンテラス。 覚えておいて損はありません。


 



他のサーファーブログはこちら







せっかくだから茨城の海



「46さん 今度、茨城で○○装置の交換があるんですけど、対応可能でしょうか?」

仕事上のお客さんから、そう訊かれたのは去年のことだったでしょうか。 

「もちろん大丈夫ですよ」

そう答えながらぼくの頭の中には、

(茨城? ○○装置の交換って2時間ぐらいで終わるじゃん 終わったら久しぶりに茨城の海に行ってみっか(ニシシ))


その仕事がようやく明日行われることになったのです。 久しぶりのサーフィン遠征に、忘れ物がないように準備をします。 

「ブルアント行くぞ!」

なんて声をかけながらブルアントをボードケースにしまおうとしたら、チャックがしまりません。 幅がひろすぎるじゃん… おまえは留守番だ! ニューフライヤーが出動です。

茨城の海は冷たいからなぁ ここ数年使っていないキャップも引っ張り出して鏡の前でかぶったりします。 

グローブもブーツも用意して、海からあがったあとの水をペットボトルにつめて準備はおおむね完了。 どこに入るか、明日の天気と波情報を調べることにします。

明日は一日中北風が吹くようです。 茨城の海岸線はだいたい東か東北東を向いているようなので、北風はあまりよろばしくありません。 千葉の飯岡あたりが風は合いそうですが、せっかく茨城行くのに千葉まで降りるのはもったいないなぁ

どこにしようかなぁ といろいろ検索していると、知恵袋的なサイトに迷い込み、さらに飯岡や茨城のローカルのきつい話なんて見ちゃったりして軽く憂鬱になったり。 そして決めきれないまま12時を過ぎたので眠りの世界へ。


「すいませんね こんな遠くに半日仕事で お疲れさまでした」

「いえいえ これから茨城の海で遊んで帰るんで お疲れさまでした」

冗談を言っているのかと、あまりぴんときていない顔のお客さんに別れを告げて現場を離れました。 時間は12時です。 さてどこへ行こうか波情報を確認します。

【大貫 モモ】

う〜んモモじゃなぇ

【とっぷさんて 肩 アウトからジャンク】

ジャンクかぁ

一方千葉はオフショアですが、ショルダーが張らずにトップのみのだらだら的な状態です。 点数はよくて20点程度。 まあこれならどこに入ってもファンウェーブとはなりそうもないので、せっかくここまできたのですから茨城に入ることにしましょう。

スマホのgoogleマップで行くべき海を探索します。 大洗の下あたりから南下して、海の状態をチェックすることにしました。

小一時間走って海沿いの道にきました。 交通量の少ない広い道を走っていると、海水浴場の案内看板があります。 ここを見てみましょう。

狭い道を進んでいくとその先に海が見え始め、急な下り坂をブレーキをかけながらゆっくりゆっくり降りていくと目の前に多くの波が打ち寄せる海が広がっていました。



「誰もいないよ」



まとまりのない波の海を遠く右も左も見渡すのですが、入っている人はおろか歩いている人すら見当たりません。

乗れそうなショルダーが張る波ができるところがないか観察します。 なくはないですがロングライドは期待できそうにありません。 今日はどこもこんな感じでしょうから、ここで入ってしまってもいいなぁ とも思いますが、もう少しほかのところを見てみるのも悪くないでしょう。 

広い道まで戻ってさらに南下します。 すぐに海水浴場の看板があり、今度はそこそこ広い道へと案内しています。 行ってみましょう。 

先ほどと同じように、海までは下り坂です。 坂を下りきったところは、海の家的なものが何件か建ち、想像以上ににぎやかなところでした。 いや、夏はにぎやかなのでしょう。 今は人の気配もありません。 

広大な駐車場を横目に、その奥へ進んでいくと、鹿島灘海浜公園の入り口に到着しました。 トイレもあるし駐車場は広くてタダだし、ここで海に入ることにしましょう。

ボードにワックスを塗ってから着替えます。 久しぶりに着るお着換えポンチョ。 海からの風が冷たい。 そそくさとセミドライを身にまとい、ブーツを装着。 グローブとキャップはやめておきましょう。 そんなに長い時間入るほどの海の状態ではありませんからね。

久しぶりの茨城の海なので記念写真を1枚。



そして誰もいない海に入っていきます。 思ったより冷たくないかも。 昨日ローカルがきついとのネットの情報を見て憂鬱になったのがまったくの無意味な無人の海を沖へ沖へと進んでいきます。

手を入れてみると、やっぱり水が冷たいのがわかりました。 できるだけ頭は入れたくないな。 波の上を超えるように沖へ向かいます。 先週スノボで痛めた左肩が痛い。 

波がひんぱんに割れるところに到達すると、波の上を超えることができなくなったので、仕方なくドルフィンスルーをしました。 うひゃあ 冷たい。 

2発、3発とドルフィンを重ねていくと、頭が割れるように痛くなってきました。 ううう やっぱりキャップはかぶるべきだったかも。

それらしきところにきたのでボードにまたがります。 浜から見ていた時は乗れそうに見えた波ですが、ここにきてみると乗れそうな波は全然きません。 おかしい・・・ あんだけドルフィンしたはずなのに、割れる波がこない。

ちょっと沖に出すぎたかなぁ とじゃっかん浜側へ移動。 すると乗れそうな波が到来。 にやりとしながらパドルを開始します。 左肩が半端ない痛みです。 顔をしかめながらもここで乗らないともう無理な気がしてパドル続行です。

波にボードが押され始めたので上半身を起こし下半身を引きつけようとして、右モモつけ根に痛みを覚えました。 これもスノボでアイスバーン気味のところをバックサイドでボードをおさえながら滑り続けて痛めたものです。 痛くてボードをコントロールできそうもありません。

立ち上がることができずにそのまま斜面を滑り降り、波が崩れるのに巻き込まれるように水没。 う〜ん これが限界か?

その後も乗れそうな場所を探して移動を繰り返すも、いい波は来ず。 右モモのつけ根の痛みに加えて、なんだか右キャンタマも痛くなってきました。 モチベーションはだだ下がりです。 

30分ほど海に入っていましたが、どうこうなる体のコンディションではないので上がることにしました。 残念ですが今日は負けです。

お着換えバケツに入ってペットボトルの水を浴びるのは何年ぶりでしょう。 海からの風が身に沁みます。 真冬でも裸で水シャワーを浴びていたぼくはもういません。 家に帰ってお湯シャワーを浴びるのに慣れたぼくはもうすっかり養殖サーファー。 

野生に戻れる日はくるのでしょうか?






他のサーファーブログはこちら







| 1/38PAGES | >>