main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

12歳と50歳



2016/9/17
鵠沼 スケパー前
腰 オフショア
サーパン タッパー

46歳からのサーフィンというこのブログを始めて、とうとう4年が経ちました。 つまりそう、とうとう50歳の大台に乗ってしまったのです。

今日は土曜日で仕事は休み。 台風16号が近づいているせいか、波情報ではセット胸。 波数が少ないとのことなのでニューフライヤーで朝も夕も出動。 そんな夕方のことです。

波は情報ほどなく、セットで腹程度。 少し強いオンショアを受けて、まとまりがありません。

「なんだよ ずいぶん波がダメダメになってるよ」

そんなことを言いながら浜にデッキチェアを並べて、まずは海を眺めることを楽しみます。 もう今日は入るのやめちゃおっかなぁ ぐらいな感じです。

しかし見ていると目の前にはそんな波をものともしないキッズたちが。

トップのみのダラダラな波をパンピングでしのいで、インサイドでもう一度割れるところで横にかっとんで最後にワンアクション。 

堤防で跳ね返った波に当てるのは当然。 その波から乗り始めて、沖からきた波に乗り継ぐ。

左に走っていると右からもブレイクがきて完全にブレイク。 ボディボード状態になったからもう上がるのかと思ったら再度立ち上がって瞬間にワンアクション。

なんだこの子たちは・・・

「子供って小さいから有利だったりするの?」

そんな子供たちのライディングを見て嫁が訊いてきます。

「体重が軽いってことは、その分波の力を受けやすいよね。 俺が65キロで彼らが40キロだとしたら、25キロも違うんだからえらい違いだよ」

彼らとぼくの違いは体重だけではありません(キッパリ)

さてそろそろ行ってくる と海へ。 彼らと同じ場所だと絶対波をとれそうもないというのと、彼らのいる場所はレギュラーが多いので、アクションらしきことができるグーフィーに乗りたいぼくとしてはワンピーク離れた場所へ。

しかし乗れない。 いや乗れてるけど乗り継げない。 彼らみたいにパンピングでしのごうとするも、すぐにボードは勢いをなくしていきます。

勝負だ! と思って子供たちの間に入ってみるも、その場所でテイクオフしかけてみるも全然横へ行けるような波じゃない。 ムリダロォォォ あっさり波につかまって沈。


1時間ほどがんばってみるも大したことはできず。 日もだいぶ傾いたのでここで終了。 

「ちょこちょこ乗れてたじゃん」

そう ちょこちょこね(汗) 彼らみたいに波を乗り継げる日は、いつくるのだろうかと思う、サーフィン歴4年になったごじっさいなのでした。

他のサーファーブログはこちら







コメント
ごじっさい、おめでとうございます!
おっさんはナンダカンダまだいけますよ
じうにさいにはない、技術があります…?おばさんは、なにも目指してませんから。私も復帰して五年になりますが
12歳の体型を見ると「人間」という同じカテゴリーではないですね
とりあえず、邪魔にならないよう浮かんでいます。
  • BBABB
  • 2016/09/20 10:25 PM

BBABBさん こんばんは!

ありがとうございます(^-^)
「あれっ なんでここ痛いんだろ?」
じじばばには、若者にはわからない悩みが多々ありますが、がんばっていきましょー♪
  • 46サーフ
  • 2016/09/23 8:00 PM

コメントする