main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



クリスマスに海でつかまえた



クリスマスの朝。

前日の日曜日に出勤したので今日は代休です。 波浪情報サイトだと高波になると思われていたのに、波情報サイトによると、「割れづらい腰腹」

平日の大波を満喫しようと思っていたのに残念です。 仕方なくファンボを持って海へ向かいます。

湘洋中歩道橋に上がって海をみてびっくり。 でかい! しかも沖からバンバン割れているではありませんか。 まいったなぁ こりゃあファンボじゃ沖に出られないかもなぁ

すぐさま引き返して、ボードを替えてこようかと思ってのですが、せっかくだからちょっとだけでもやってみましょう。 歩道橋を降りて海へ向かいます。

他のサーファーブログはこちら

南風で完全に砂に埋もれたサイクリングロードの復旧作業は、1月4日から行なう旨の看板が立っています。 いつ見ても飛び砂問題はたいへんな事業です。

ピークとピークのあいだに向けて海へ入ります。 押し寄せてくるスープを、はじめのうちは乗り越えていきます。

次第に大きくなってきたスープにドルフィンを試みますが、まったくもって沈みません。 先端をなんとか沈めてボードに胸からぶつかっていき、強制的に波の下に潜り込ませます。

それを何度も繰り返すのですが、進んだ感が一切ありません。 時折見える沖にいるサーファーの影は、大きく砕ける波の向こう側にいつまでたっても同じ大きさでいます。

「いやぁ ここで疲労すると、ボード替えてきたときに影響するなぁ」

ゲットをあきらめて帰ろうかと頭によぎりますが、それもなんだか悔しくてひたすらパドルを続けます。

波が静まり、あわあわな小うねりになったところで、へいほへいほと沖へ到着しました。

ぷっはぁー 死ぬっつぅの

ようやくボードの上にまたがることができて、息が整うのを待ちます。 波は腹ぐらいのうねりが通り過ぎていきます。 その波の行方を見守りますが、なかなかブレイクしません。 ここまで苦労してきたはずなのに… 

落ち着いてきたところで掘れた波がやってきました。 これにトライします。 肩ぐらいあります。 ここからはレギュラーです。 テイクオフするも掘れ掘れです。 波の高いところから一気にボトムへ急降下。 絶対刺さるって ロッカー小さいもん!

思った通りボトムでそのままノーズから突き刺さってしまいました。 ひっくり返っているボードを回収して、さっさと沖へ戻ります。 

沖で待つも、うねりばかりで乗れそうもありません。 セットしかだめかぁ 波間をうろうろしながら遠い沖の大きなうねりに照準を合わせます。

来ました来ました。 いくつも通り過ぎていった波と違い、深い色をしています。 ピークに合わせて左へ移動します。 またたく間にせまった波に合わせて、ボードを浜に向けました。

波はぐうんとぼくとボードを持ち上げます。 すぐさま走り出したボードの上に低く立ち上がるも、すでにそこはほぼ垂直。 今回はボードを横に向けられてはいますが、このままでは波につぶされるのは間違いなさそうです。

むりぃぃ

垂直な海中に上半身から逃げこみました。

こりゃ 乗り替えてくる時はセミガンだな そう考えながら再度沖へ戻ります。

近くには4人ほどしかサーファーがいません。 2人が長めの板で1人がショート、もう1人がBBです。 東からの風とうねりで彼らの方へ流されていく気配ですが、乗れる波は少ないので彼らと競合しないように東へポジション調整します。

うねりが何度も通り過ぎます。 この波は割れそうだけどワイドだな… その波は背中で爆音を轟かせます。 厚めかワイドが十数分続いた後、濃い波が近づいてきました。 こいつには明確な頂点が存在し、それはほぼぼくのいる位置です。

それでもあるわずかなずれからグーフィーと選択し、左斜めにパドルを始めました。 近づいた波はあんがいトロ目でしたが、7フィートの長さを生かしてなかば強引にテイクオフします。

とはいえ大きさは十分。 左斜め下へ滑り降りていくその斜面は大きく、角度もあります。 ボトムでゆるやかにターン。 波上に戻りトップでもゆるやかにターンします。

再度ボトムターンして、今度のトップターンは波に遅れ気味になり軽く失速。 しかし水没するまでは至らず、まだライディングは続きます。

おおー こりゃぁ きもちいいね〜

と思い始めたときに、進む先の波がこちら側へブレイクしてきているのを発見しました。 

あちゃぁ

と思う間もなく行き先をふさがれて崩れる波に巻き込まれてしまいました。

ぶぅー

海面にあがってみると、だいぶインサイドまできていました。 沖の方を見ると波が割れているのは遠い先です。 もう戻る元気はありません。 ボードを取替えに一度帰りましょう。


ロックダンスのセミガンに持ち替えて海に戻ってきました。 この軽さと薄さと幅の狭さが、この幾重に押し寄せる波の前では逆に頼もしく感じます。

先ほどファンボで入っていった場所からエントリーして、沖へ向かいます。 ドルフィン楽だわー すいすい進んでいきます。

のはずなのですが、なかなか沖へ到達しません。 もう何度ドルフィンをくりかえしたことでしょう。 波は東からのうねりなので、自分より左がゲットしやすそうに見えるのですが、どんどん右に流されている気がします。

浜を振り返ると、すでに沖方向への移動はなくなっているのがわかりました。 かわりに大きく右に動いています。 すでに辻堂です。 いったん仕切りなおすことにしました。


歩いて元の位置へ戻りながら、なんでゲットできなかったのか反省します。 そして気を引き締めて再挑戦。 波打ち際に立ち、最善のタイミングをさぐります。

セットがやってきたところで少しずつ海に入り、少しでも距離をかせぎます。 荒波が過ぎ去ったところでボードを浮かべ沖へと漕ぎ出しました。

横へあまり流されないように、気持ち左へ進むようにお気を目指していると、沖まであともうふたふんばりぐらいのところまできました。 もう少しがんばれば・・・

そう思っている時に、長めのボードが波に巻かれているのが見えました。 普通と違うのが、そのボードがいつまでも波に押されているのです。 自分にあたりそうでちょっと怖い。

そのボードはすごいいきおいでぼくの横を通り過ぎ、見えなくなりました。 ああ だれかリーシュが切れちゃったんでしょう。 とりあえず沖を目指してパドルを再開します。

すぐにあのボードの持ち主と思われる人を発見しました。 大きく割れる波にもまれて見え隠れする姿が、逆光の中、黒いシルエットになっています。

沖を目指すぼくは自然とそのシルエットに近づいていきます。 シルエットは波がブレイクするたびに消えます。 浮かび上がってくるときの表情が見えるぐらいになると、彼のおかれた状況の厳しさが伝わってきました。

こりゃ 助けた方がいいかな?

十分に近づいて、「大丈夫ですか?」と声をかけるより早く、彼ががばっとぼくのボードにしがみついてきました。 ぉぉっ(;^_^A

「死ぬかと思ったぁ!」

「リーシュ切れたんですか?」

「ええ」

「ボードすごいいきおいでいっちゃいましたよ」

「・・・」

「じゃあ 浜まで行きますか?」

「お願いします」

ぼくより少しおじさんにボードを預け、ぼくはリーシュコードの根元をつかんで足平泳ぎで一転浜へ向かいます。 ふたりがつながっているせいか、波にもみくしゃにされることもなく、ただ進みは遅くだらだらと浜へ向かいました。

インサイドで小さな波が割れるポイントまできたところで、おじさんがもう大丈夫だと言いボードから離れました。 そして最後に一言。

「一生忘れない!!」

手をあげあって別れたのですが、ここで折り返してゲットできるほど、甘い波ではありません。 ただ、この状況でのこのこ浜に上がるのもなんだか変な間になります。 仕方ない、無理は承知で沖へ向かいましょう。

「海の神よ 人を救ったこのぼくに力を貸したまえ」

そう祈りながら沖へ向かってパドルするのですが、この日は2回の仕切り直しを重ねて都合1時間半、ひたすらパドルするだけで、二度と沖の楽園に到達することはありませんでした。



みなさまの無事なサーフィンライフを祈りつつ
来年もよいお年でありますように















コメント
あけましておめでとうございます。

人助けされたのですね!その方はきっと46サーフさんがサンタ・・・イヤ神様に見えた事でしょうね( ^∀^)

自分もそうならないようにリーシュをこまめにチェックして入ります板が流されたら泣きそうですから(T ^ T)

早速、明日は鹿島で入ります
波がデカすぎたらやめますけど(^_^;)

それでは今年もenjoy surfで頑張りましょう!
  • ゴマシオサーファー
  • 2018/01/01 6:14 PM

ゴマシオサーファーさん あけましておめでとうございます!

正月の湘南は波がないので、出動がいつになることやら(;´Д`)
乗り初め、楽しんできてください!

今年もよろしくお願いします
  • 46サーフ
  • 2018/01/02 11:38 AM

ひしひしと緊迫感が伝わりつつも、46surfさんが書くと、なんか笑えますね。
しかしサーフィンはゲットがキツイと心折れますよね。
自分もドルフィンは苦手なので、人ごとじゃないっすね。

今年は初乗りしましたか?
今日初乗りしたんですが、意外にいい波でしたよ。
今年もお互いいい波乗って行きましょう!
本年もよろしくお願い致します。
  • のぶ
  • 2018/01/02 4:54 PM

のぶさん あけましておめでとうございます!

今年はまだ海に入っていません。
セット胸の情報を見て、今朝行こうとしたのですが、昨日の呑みすぎで体が動きませんでした(^_^;)

今年もよろしくお願いします!
  • 46サーフ
  • 2018/01/03 10:35 AM

レスキューお疲れ様でした。
リーシュ、リーシュロックは大事ですね。
自分もリーシュロックを全ての板で新調しました。

舞太郎さん おはようございます!

こんなことを書いているぼく自身が、ファンボのリーシュロープが浜で拾った漁で使う網のかけらなのを思い出しました。

替えなくちゃ^^;

今年もよろしくお願いします!
  • 46サーフ
  • 2018/01/06 9:19 AM

コメントする