main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



スポンジボードって やっぱよさそうじゃん



長くて狭くて薄いボードをあきらめた、天気のいい休日のことです。 デッキチェアとパラソルを持って海へやってきました。 ボードも念のため持ってきていますが、波はももぐらいなので水遊び程度のつもりです。

久しぶりに感じる、ニューフライヤーの胸を押してくる浮力は、とても頼もしく感じます。 薄っぺらく、胸の下で頼りなくゆれていたロックダンスのボードとは大違いです。 近づいてきた夏の気配を感じながら、まだ少し冷たい水を両手でゆっくりとかき、沖へ向かいます。

気持ちのよさとは裏腹に波はワイドで、いくら頑張ってもテイクオフのみと言ったところです。 30分で早々に切り上げ浜に戻ります。

「いやー、全然ダメだったよ みんな苦労してるな」

他のサーファーブログはこちら

そう言いながら戻ってきたぼくに

「そう? 乗れてる人は乗れてるじゃん」

と嫁。 そりゃ上手い人はどんな波でも乗るんだよ  その言葉は飲みこみながら、スプリングを脱ぎ、インナーパンツだけでデッキチェアに座りました。 ぷよぷよしたお腹が夏を思わせる日差しにチリチリ焼かれていきます。

それにしても、この悪い波の中でもスポンジボードの人達は楽しそうに波乗りをしています。 うねりの状態から早々に立ち上がってチーターファイブで斜めに走り抜けています。 多分あの人は、うまい人がスポンジボードに乗っているのでしょう。

やっぱりスポンジボードにしよっかなぁ このうまい人以外にも、スポンジボードが数人見えます。



中学生ぐらいの3人の女の子がやってきて、目の前を通り過ぎます。 みんな日に焼けていて1人はボディーボードを持っています。 

女の子たちは、ぼくらの正面から少しだけ右に外れたところで落ち着く場所を決めたようです。 シートを敷いて荷物をおろしました。 そして、その荷物から短パンを取り出し、履き始めました。 

女の子は短パンを膝まで上げたところでハッと何かを思い出したかのようにこちらを振り返り、ぼくのほうをじっと見ています。

そりゃ見るでしょ、目の前でそんな事してたら
気にするんだったらあっちで着替えなさい


しかし、ぼくはサングラスの奥の瞳が女の子の方を向いているのを悟られないように顔をまっすぐ海の方に向けて微動だにしないのでした。

おっさんから不審な動きを発見できなかった女の子は顔をもとの方に戻し、着替えを済ませ、波打ち際へ向かいます。 手に持っているボディボードにはあろうことか、リーシュコードの代わりにビニール紐が結ばれています。

いや、それ絶対に痛いって!

まぁ、この水の冷たさじゃ海には入らないんだろうけど


しばらくするといつの間にか波の形が良くなっていました。 サイズも腰ぐらいはあります。 しかも、目の前のピークには誰もいません。

よし、もういっちょ行ったるか

スプリングを身につけ、女の子たちの横を通り抜けて海に入ります。

波はインサイド寄りで割れていて乗れる時間は短いのですが、周りに誰もいないので乗り放題です。

先程の女の子たちの目の前を通り過ぎるように滑っていきます。 女の子たちがキャーと声をあげています。

おや、分かるのかい? このトップターン

まぁ、水が冷たいだけなんだろうけど

もう一回トップターンして波がクローズすると考え、波上にボードを引き上げます。 その波の根元に猛然と吸い込まれていく水。 その下には砂。 うわぁ 完全に波打ち際じゃん 

ボードがやばいのでダイブ。 砂浜にしたたかに打ちつけられるぼく。 おそいかかる波。 まきあげられた砂と海水にもみくちゃにされながらも、ぼくの耳には女の子たちの笑い声が届いていたのでした。 



 










コメント
お久しぶりです。前もコメしましたが
EPSフライヤー最強ですよね!
腰〜頭なら間違いなくかかえてます。
私は力のないダラダラの波なら
アルメリックのジョー(PU5.5)
アルメリックのハイ5(PU5.6)
などでロングさんの波待ち付近から争ってます。
クルージング目的にはこの手がいいでした^^
当て込む波はnewフライヤー最強です^^
  • 41サーフ
  • 2018/06/23 7:24 PM

41サーフさん おはようございます!

ぼくの場合、NEWフライヤーは少しオーバーフロートなサイズのようで、波数が多くなると胸でも出番がありません。

ジョーいいんですね。 実は気になってたんです(^-^)
  • 46サーフ
  • 2018/06/24 7:01 AM

はじめまして。鵠沼でサーフィンデビューしてすっかりハマってしまったおばはんです。
まだまだど素人なので鵠沼で人の迷惑にならないよう地味にやっていますが、なんとなく七里ヶ浜の波ってどんなだろう、と検索していたら46surfさんのブログにヒットしました。年代の近いスタートだったので勝手な親近感をもって読ませていただいており、励み&参考にさせていただいてます!
ということを伝えたくてコメントさせていただきました
サーフィン、ますますの上達を応援してます
突然失礼いたしました!
ありがとうございます〜
  • ayaryo
  • 2018/06/24 10:44 AM

ayaryoさん こんにちは!

ぼくなんか今でも、 じゃまにならないように を最重要にしていますよ。
それじゃあ、うまくなれないって言う人もいるかもしれませんが、いやな思いをしないで気持ちよくサーフィンするのがいちばんだと思います。

ayaryoさんもがんばってくださいね
(^-^)/
  • 46サーフ
  • 2018/06/24 6:39 PM

こんにちは〜
中学生の発想は恐ろしくもあり、画期的なアイディアですねぇ。これからの季節は女性と近い距離になるのは危険ですね(笑)
波打ち際にてボードも体も無事で安心しました(^0^)
  • aloha surf
  • 2018/06/25 2:19 PM

aloha surfさん こんにちは!

以前、同じように波打ち際でころがってるおじさんを目撃して、遠くで笑ってたんですけどねぇ
aloha surfさんも気をつけてください!
  • 46サーフ
  • 2018/06/25 5:21 PM

コメントする