main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



めざせパイプマスター


夜間作業が早く終わったので予定より早く帰宅でき2時間の睡眠が取れました。 今日は日曜日の朝。 朝サーフとしてはちょっと遅刻な9時。 波情報ではセット肩。 パワークエストを持って出動です。 

日曜日としてはちょっと空いてる湘洋中前です。 波はミドルでややワイドなブレイクです。 準備運動を入念にして海に入ります。 


海に入ってみると、セット以外は厚くてまったくテイクオフできないことが分かりました。 完全にボードチョイスのミスです。 こんなことならニューフライヤーを持ってくればよかった。 取り替えに帰る元気はないので、このままパワークエストで頑張ります。 



他のサーファーブログはこちら

沖からはロングさんが厚いながらも乗ってきます。 せっかくのテイクオフを邪魔してしまって謝ります。 少したって別のロングさんにも邪魔してしまい、次はもうないなと、場所を変えることにして辻堂方向に移動します。 

ひとつピークを動いてみると、なんだかこちらの方が波にパワーがあることがわかりました。 速い波に潰されること2回。 だめだ、テイクオフしたらすぐに向きを変えないと そう考えて思い出しました。 夕べ夜勤が始まる前に見たYouTubeの動画を。 

それはケリー・スレーターと五十嵐カノアが戦った、BILLABONGパイプマスターズの動画でした。 ほれっ掘れの波をテイクオフし真下に落下することなくレールを食い込ませて横に走るその姿を、感心しながら何度となく繰り返し見たのでした。 

結果は五十嵐カノアがラスト1本を決めて逆転勝ち。  チューブに綺麗に入ったのと、チューブからの出方が「どうだ」といった感じの後ろに手を組んで胸を反らせたポーズの演出が効いた感じでしたね。 

あのイメージだ

グーフィーにテイクオフです。 右足のくるぶしをボードにつけんばかりに押し込み、右手はレール、左手は波の斜面に差し込みながらに左へ滑っていきます。 すぐに波に飲み込まれて潰されましたがいい感じです。 

やればできるもんだねぇ 映像を見続けたことで、体の動きを再現出来たのかもしれません。  同じようにリップアクション、いやそこまでいかなくてもトップターンも映像を見ることで自分でもできるようになるかもしれません。 今後の課題としておきましょう。 

もう一度グーフィーにテイクオフ。 先ほどと同じように低い姿勢で斜面にへばりつくように左へ滑っていきます。 このまま後ろから波がブレイクしてくればチューブに入れるじゃん

そう思った瞬間、前方の波がブレイクして白波の雪崩ががこちらへ崩れてきました。 

うーん 残念



 







コメント
46surf様

ご無沙汰しております。
実は、不覚にも9月の台風でなんと骨折してしまい、
しばし入院しておりました。
サーフィンで骨折とは思いもしませんでしたが・・。

46surfさんも、お気をつけください。
自分は、約半年サーフィンを強制的に休みとなりました。

それにしても順調に成長しているようですねー。
いい波乗れてうらやましいです。

自分の分もいいサーフィンライフを。
自分も復活しますので。

  • のぶ
  • 2018/11/08 4:21 PM

のぶさん こんばんは!

骨折で入院だなんて、足か骨盤ですか?
相当大変だったことでしょう。

大波の時はドルフィンするだけでもタイミングがずれると、水の質量の大きさに本当に骨が折れるのでは? というときありますからね。

半年の休養は長いですが、浜辺で海を眺めてゆるゆる過ごして養生してください。

復活待ってます(^_-)-☆
  • 46サーフ
  • 2018/11/08 9:11 PM

コメントする