main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



手首を痛める



歳をとると、手首が硬くなるらしい。
ぼくはサーファー以前にゴルファーなのですが、右手首の異常な硬さに閉口していました。 右手首が硬いので、手首を甲側へコックしづらいのです。 どれぐらい硬いかと言うと、指先をのばして甲側へ倒しても、45度ぐらいしか曲がりません。

その手首の硬さはサーフィンをするのに、ゴルフ以上に障害になったのです。

海で一生懸命、波に乗ろうとしているときは気づかないのですが、翌日にめちゃくちゃ手首が痛いのです。 正直一週間では治りません。 どうしたものでしょう?

通常のスポーツなら、テーピングをするのが妥当でしょう。 でも水の中のスポーツなので、テーピングは間違いなくはがれます。 サポーター? リストバンドみたいなサポーターでは、なんの役にも立ちません。 伸びない生地で作らないと・・・

そこでつくったのがこれです。 



手首からずれないように親指だけ通してはめます。 なんかワイルドになっているのは、とりあえずつくったので、ほつれ対策をまったくしなかったからです。 ほつれすぎてだんだん小さくなってきたので、しっかりつくることにしました。

パーツはこれです。 今度は裏地もあります。



できあがりの比較です。 マイルドになっています。





実際に手にはめて曲げてみるとこんな感じです。 手首の痛みがかなりやわらげられます。  



手首の硬さが気になって、いろいろ検索していたらこんなことがわかりました。 手根骨という骨が正しく機能していないそうです。 

手根骨がずれることもあるそうです。

OKWaveに手首の硬さで相談している人が、「ボールを投げるのが下手」といっているのを見つけました。 ぼくも30歳あたりから、突然ボールを投げるのが下手になったのです。 下手というのは、投げると自分の足元(おおげさでなく)に落ちるのです!

公園でころがってきたボールを、遊んでいる子に投げて返すなんて絶対にできませんからね^^;

他のサーファーブログはこちら







コメント
はじめまして。
同じ症状で長年困っている、53才のショートボーダーです。
いい情報ありがとうございました。
いい感じでパドルして、板が波に押され、いざ腕立てという時に右手首がズキンと痛みます。それをかばう動作でテイクオフに余裕がなくなり、納得いくサーフィンがなかなか出来なくて困っています。
お手製のリストバンド いいですね〜! 自分には作れないので、似たような市販の物を探そうと思っています。

コメントする