main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ダンパーに殺される その1 17回目のサーフィン @片貝中央



片貝メイン
晴れ
腹〜胸 セット肩

今日の湘南は波が小さそうなので、はじめから千葉に向かいます。 太東と考えたのですが、ショートでしっかり練習したかったので、久しぶりの片貝です。

片貝メインに到着してみると、腹〜胸の波が数多く打ち寄せています。 しかしダンパー気味です。 正直これはきびしい。 この大きさでダンパーだと、ぼくのスキルでは手の打ちようがありません。

とはいえ、太東だとこれよりワンサイズ小さくなるわけで・・・  セットをはずして練習することにしましょう。

今日のテーマ
ショートできっちりテイクオフ
ファンボードで波を横に乗る できたらアップスンダウンを練習する


先週は大きな波に、ファンボードですらなにもできずに帰りました。 今日はショートでどうなることやら? 実はこのボードでこのままやり続けてよいのか?と疑問を感じているこのごろなのです。 浮力が無さ過ぎるのではないかと思ってます。 うすっぺらですから。

片貝メインのテトラとテトラの間より、テトラを超えた右側の方が人が少ないのでそちらでやることにしました。 ここも片貝なのでしょうか?

入水してすぐ、波がでかくてまいりました。 しかもダンパーなので、すぐにテールを持ち上げられてひっくり返らされます。 それを怖れると波においていかれます。 波のカールの上に立っちゃう感じです。 これではいかんとその次は無理やり前に出ると、垂直落下で海に突き刺さりました。

だめだ・・・ インサイドは乗れん。 沖を見るとなんとなくきれいに割れているように見えます。 沖へいこ〜


ゲットは簡単でした。 アウトのラインナップの1段下ぐらいで、じゃまにならなそうなところで波を待っていたのですが、この位置は波が割れないようです。 ラインナップまでいってみましょう。 

ところがここでは一切テイクオフできませんでした。 波をつかまえきれません。 う〜ん だめだ。 足をひっぱりあげるのに、えらい抵抗を感じます。 まるで誰かがしがみついているかのようです・・・

疲れたか・・・? はやくも2時間経ちますが、まったくなにもできていません。 おしっこもしたいし前半はこれぐらいにすっか。 とぼとぼ駐車場へ向かいます。

だいぶ南に流されていました。 テトラをようやく超えて、メインに戻ってくると、こっちの方が波が小さくて乗りやすそうです。 もうちょいがんばるか。

入ってすぐにテイクオフに成功しました。 おおっ 久しぶりのショートでのライディング(まっすぐだけど) 

しかしここまででした。 ここから1時間、何も無し。 結局3時間で1度しか波に乗れませんでした(x_x)


おにぎりを二つ食べて休憩です。 今日は気温が8度ぐらいまでしか上がらないそうですが、セミドライってあたたかいなぁとつくづく思います。 北風がふいているのに、駐車場のガードレールに座ってのんびりできます。 秋に来たころは3ミリフルジャーで寒くてたまらなかったです。




ファンボードを用意していざ海へ。 休憩後の入水は目がしみます。 今日は特に目が痛い。 片貝の塩はきついのか? 

あれ? 波がでかくなってない? さっきまでセット肩だったのですが、ずっと肩ぐらいのダンパーです。 逆セットで腰ぐらいのが3つぐらいたまに来ます。 その逆セット狙いでインサイドで小さく練習しましょう。 すでに2回ぐらい死にそうになっていますから。

ファンボードではあっさりテイクオフ。 いやあ簡単だ。 午前中の分を取り返すためにも、ばんばん乗ります。 近くに誰もいないのをいいことに、乗れそうな波にはすべて乗る勢いです。

でももう少し、うねりからテイクオフしたほうがいいんじゃん? しばらくインサイドで練習して満足したのか、そんな思いがあたまをもたげてきました。 よし中ぐらいの波をえらんでチャレンジしてみよう。

ミドルぐらいまで行こうと前にすすみます。 ダンパーがブレイクしたのを飛び越えてやり過ごします。 続いていた波がやんだので、パドルで沖へ向かいました。 ひとしきりこいで疲れたのでボードにまたがって休みます。 そこへまた波がきました。 あれ? この位置はやばい・・・

ここはもろにくらいそうです。 しかもでかい。 乗りたくないけどいくしかない。 さらに沖へパドルして波へ向かいます。 少し進んで180度ターン。 一路岸へ向かいます。 テールが軽く持ち上がったところでブレイク。



ザッパーン



ものすごい音とともに水のかたまりが落ちてきました。 150トンのハエ叩きでつぶされたぼくは、ボードにあごをしたたかにぶつけました。 

死ぬ・・・

インサイドのダンパーに巻かれて、海底に背中をぶつけたときもありました。 他の人のブログにかいてありました。 浅瀬のダンパーは危険だって。 海底に頭を打って脳震盪おこして溺れるって・・・ やばい この前読んだばかりなのにくらってしまった。

ブレイク寸前の波にボードを上下ひっくり返して波に突き刺し、そのまま向こう側へぬけようとしたのに間に合わず、ボードの上に波が落ちてきて、それが頭に直撃したときもありました。 今日はなんだか痛い。


それでも何度でも海に向かう。 鼻から海水たらしながら。 目を真っ赤に充血させながら。 次はもっとうまくのってやろう 次こそもっとスピードだしてやろうと。

そんな中、新しい動きを発動させました。 体が勝手に動いたのですが、それはグーフィーの波のときでした。 

そんなに大きな波じゃないです。 テイクオフしたときには、すでにスープになっていたかもしれません。 ボトムで軽く左へターンしました。 今までだったらこれで終わりです。 なんとなく波につつまれて終わります。 ところがそうはならなかったのです。

波に追いつかれるその瞬間に、今度は右のレールを沈めたのです。 意識はしていません。 勝手に体が動いたのです。 

つづく

他のサーファーブログはこちら







コメント
コメントする