main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

sk8始めました 近所で練習



スケートボードを手にいれて、陸トレができるようになったのですが、さて練習をどこでやろうかって話です。 本来ならスケートパークでやるのが安全なのでしょうが、スケパーに集まった子供たちを危険にさらすことになるので、近所の歩道で安全(?)に練習することにしました。

ということで、家の近所をカラカラすべってみる。 幸い我が家の近くには、住宅に面していない坂道があり、そこの歩道がコンクリートブロックと植え込みによって、完全に隔離されているという、なんて好都合な場所なのでしょう♪

ただし、坂のエンドは往復4車線の県道に向けてオープンになっているので、そこへボードを飛ばすと、えらい騒ぎなのですが・・・

練習は、その坂道の歩道を左右にターンを繰り返し下がっていくだけ。 初めのうちは、坂のいちばんゆるやかな部分から下ります。 ガラガラガラー 舗装があまりよくないので、少し音がします。 左、右、左・・・ おぼつかない足取りでの滑降を繰り返します。

一定の高さから下りているのですが、そこからうまく下りれるようになったら、少しずつ高い位置へ移動します。 高い位置へ動くに伴い、徐々に坂の角度が急になっていきます。 移動直後はその角度の変化による、スピードの増加に対応しきれず、ターンができないぃぃぃぃ 

ジャーーーーーーー

そしてさらにスピードアップ! やば! 緊急脱出!



レールを入れたターンを心がけているのですが、荷重移動をきれいに一発で決めることができません。 うにうにっと数回の加重になってしまいます。 特にバックサイド側のターン=かかと加重がうまくいきません。

「ひざを深く曲げて」とか「視線を行きたい方向へ」とか、試行錯誤の繰り返しですね。 上半身の先行動作でリズムよくやると、うまくいったりもします。

おそるおそるやっていたのですが、ちょっと思い切って動いてみたら、レールを入れたターンを、ぎゅんぎゅんできるようになってきました。 左ターンで、右足加重とし、前足となる左ひざが伸びています。 これはレギュラーの波のトップターンの足さばきでは?



数日後

止まるにはどうすればいいのか?

練習を始めて数日たちましたが、いまだに止まる時はボードから飛び降りるか、植え込みにつっこむしかできないでいます。 どうすれば止まれる? 

パワースライドという方法を知りました。 後輪をスライドさせて止まる方法です。 車でいったらサイドブレーキターンですね。 スケートボードにはサイドブレーキはついていないので、「おりゃあ」とテールを力技でスライドさせるようです。 だからパワースライドなんでしょう。

見た目はかっこいい技です。 ぜひ会得したい技なので、意を決してやってみることにしました。 いつもの坂道の舗装の滑らかなところへ行きます。 ここなら多少ウィールが滑りやすそうです。

デッキに乗ってトロトロ進みます。 

「おりゃ」

テールを右に振り出そうと試みましたが、その力はボードを前にけり出すだけに働きました。 残されたぼくは、けつから落下・・・ 

まったくできる気配がしない! 

ランダルタイプのトラックは、車で言えば4WS。 後輪もステアリングされるわけだから小回りはきく。 そのかわり、スライドさせようとする横方向の力が、ウィールのころがり方向へ少し逃げてしまうのでは? パワースライドさせるには、ノーマルトラックがいいのかなぁ? よくわかんないけど・・・

もう少しボードの感覚を自分のものにしてからでないと無理そうです。 これはしばらくやめておきましょう。
 


ぼくのスケートボードのパーツセッティングは、「初滑り編」をご覧ください。

他のサーファーブログはこちら







コメント
いい特訓場所があってよかったですね。

お!やってますねー。

うちの近くは公園があってなぜかそこは禁止されてないので乗れるんですが買ったばかりの頃、カーバーを山手通りに飛ばした事あります。
土曜日の朝だったんで無事赤信号を渡り切ってましたが。
それ以来、公道は怖いです。
BBのリーシュとか流用しようかと思った事もありました。

舞太郎さん おはようございます

近くに乗れる公園があるなんて、うらやましいですね! 
山手通りに飛ばす!!(笑) かなりやばいっすねぇ(^^; ぼくも気をつけます。
飛ばしたボードを止めようとして、蹴っ飛ばしてしまい、さらに飛ばすときとかありますよね。
  • 46サーフ
  • 2013/04/20 6:23 AM

コメントする